車査定で契約時に必要なもの

車査定で契約時に必要なものは?

車査定で契約時に必要なものの画像

車査定で契約時に必要なものは、実印、印鑑証明、自動車納税証明書、車検証、自賠責保険証です。実印は役所にあらかじめ登録してある印章のことで、実印を登録していない人は登録しておくことです。実印は、不動産の購入などでも必要なので、役所で登録を済ませておきましょう。

 

印鑑証明書は、最寄りの役所などに印鑑登録したという証明書です。車検証は、車の戸籍謄本のようなもので、納車された際、使用者の欄が自分の名前になっているかを確認しておく必要があります。契約時には車庫証明も必要ですが、取得するには平日に時間を空ける必要があるので、ほとんどのディーラーや販売店では車庫証明を代行してもらえます。

 

もちろん費用はかかりますが、代行してもらった方が安心です。委任状も必要で、車の登録に関する業務は手続きが複雑で、販売店に代行してもらうことが多いからです。書類自体は販売店が用意してくれるので、契約時に押印と署名をするだけです。軽自動車の契約時に必要な書類は、大体、普通自動車と同じですが、違うのは、軽自動車の場合、実印でなくてもよく認印でかまいません。