交通事故の過失割合を決め方法とは?

交通事故の過失割合を決め方法とは?

自動車を運転していてもし交通事故を起こしてしまった場合には誰の責任になるのでしょうか。交通事故で相手がいる場合にはどちらのほうが過失が大きかったかという責任の決め方になります。いわゆる過失割合を決めることになるのです。過失割合の大きさによってそれぞれ賠償する金額などが決定します。

 

ではどのようにして交通事故の過失割合を決めているのでしょうか。この過失割合は交通事故の状況によって違ってきます。『状況と過去にあった同じような交通事故の判例などから過失割合が決められます。』なのでウィンカーを出した出さないであったり、一時停止をしたしないであったりと細かい点でもめることもあるかもしれません。ここは少し厄介ですね。まず交通事故を起こしてしまったら警察と自分の加入している保険会社に連絡するようにしましょう。

 

そして対応をお願いしましょう。自動車保険の加入していれば交通事故時の対応をお行ってもらうことができるので助かりますね。過失の割合によっては大なり小なり自分にも過失があったということになります。過失の大きさによって賠償額が変わるのです。

交通事故の過失割合を決め方法とは?関連ページ

自分の車の補償もできる?
自分の車も自動車の保険を利用して補償もできるのでしょうか?自分の車を自損事故をしてしまった場合などどうなのでしょうか?
自動車保険の見積もり法・見積書の見方
自動車保険の見積もり法・見積書の見方は初めての方には非常に難しくなっているのですが、重要なポイントをしっかりと把握しておきましょう!